« Hyper-V ServerにWindows 8 Consumer Previewをインストール | トップページ | Windows AzureでWebSitesを使ってみる(その2) »

Windows AzureでWebSitesを使ってみる(その1)

先週Go Azureイベントを見に行ってきたのですが、これに影響されてWindows Azureを多少いじってみました。

Windows Azure ユーザー コミュニティ イベント “Go Azure”
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/windowsazure/jj129528.aspx

Day1プログラム(一部PDFあり)
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/windowsazure/jj152923.aspx

Day2プログラム
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/windowsazure/jj152941.aspx

Day2 SlideShare
http://www.slideshare.net/GoAzure/presentations

UST録画
http://www.ustream.tv/channel/goazure

(8/1追記) Channel9動画が追加されました
http://channel9.msdn.com/Events/Windows-Azure-DevCamps/Go-Azure-2012

以下ニュース記事より

マイクロソフト、開発者向けイベント「Go Azure」を開催し新機能を紹介
http://news.mynavi.jp/articles/2012/07/02/azure/index.html

これまでWindows Azureというと、Windows Serverで構築されたクラウドインフラを利用してASP.NETで構築したサイトを動かす、というイメージだったのですが、Spring Updateで新しい3つのサービス形態が追加されたとのことです。これらは現在ベータ提供なのですが、EULAに同意することで無料で試用できるようになっています。

  • Virtual Machines
  • Media Services
  • Web Sites

実際にはこれまでの「Cloud Service」 と 新しく追加された「Virtual Machines」 「Web Sites」がけっこう紛らわしいのですが、個人的にわかりやすかったのが、Technical Session #1のこのスライド。

Windowsazurenewservice

Windows ServerでASP.NET を動かすシナリオはもちろん、PHPでWordPressを動かすようなシナリオでもこれら3種類のどのサービスでも実現できてしまいます。ただ(実際にサービス開始になったあとの)費用はやはり左側が高額 → 右に行くにしたがって低額となっており、いわゆるWebサーバーレンタルと似たようなイメージで使用できるWebSitesに興味を持ちました。

実際にVirtual MachinesでWindows Server 2012 RCを動かしたりもしてみましたが、そこそこのメモリとCPU処理能力が必要なことから、一ヶ月動かし続けると結構費用がかかるイメージです。

そこで、以降の記事ではWebMatrix2で簡単に作ったWordPressサイトをAzure WebSitesにデプロイして動かす手順を紹介したいと思います。

※別の利用例としては、(たとえばSBS2011 Standardの)Exchange ServerをVirtual Machinesで動かしてみるとどうなるかなとか、興味あるのですが...

|

« Hyper-V ServerにWindows 8 Consumer Previewをインストール | トップページ | Windows AzureでWebSitesを使ってみる(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10193/55137411

この記事へのトラックバック一覧です: Windows AzureでWebSitesを使ってみる(その1):

« Hyper-V ServerにWindows 8 Consumer Previewをインストール | トップページ | Windows AzureでWebSitesを使ってみる(その2) »