« Windows AzureでWebSitesを使ってみる(その4) | トップページ | Exchange Onlineを試してみる(その後) »

Exchange Onlineを試してみる

こちらで記事にしていた「Office Live Small Business 」由来のメールアカウントですが、移行先のOffice365の6か月無料期間がいよいよ終了間近になってきました。

で、マイクロソフトの想定としては「Office365 プランP1」への移行(であれば面倒はないよ)を勧めるところですが、よく見てみるとプランP1 (600円/月/1ユーザー) よりももう少し安い 「Exchange Onlineプラン1」(400円/月/1ユーザー)というサービスが用意されていることに気が付きました。

Exchange Online
http://www.microsoft.com/ja-jp/office365/exchange-online.aspx

こちらのプランでも、例えば25GBのストレージスペースであったり、Outlook2010との連携であったり、Exchange ActiveSyncによるiPhoneとの同期であったり、独自メールドメインだったりが使用可能で、異なる点がいまひとつはっきりしません。注意深く見てみるとどうやら、
•Sharepoint サーバー・チームWebサイトが使用できない
•Office Web App が使用できない
•インスタントメッセージング、ビデオ会議(要するにLync Online?)が使えない

http://www.microsoft.com/ja-jp/office365/all-plans.aspx.

というのが主な相違点になるようです。で、正直Sharepointは使ってないし、Webサイトは他に持っているし、Office Web AppもローカルPCにOffice 2010が入っていればあまり使わないしということで、「Exchange Onlineプラン1」を試してみることにしました。

(補足)月額200円で利用可能な「Exchange Online Kioskプラン」というのもあります。こちらはメールボックス最大1GBで、Outlook 2010などからアクセスできない代わりに、iPhone/Android/Windows Phone のExchange ActiveSyncアカウントとして使用できるようです。

※もしかしてWindows8の「メール」では使えたりするのでしょうか?

とはいえ、同じ独自ドメインでは複数の異なるOffice365(系)プランは使用できないはずなので、例によって新しいonmicrosoft.comドメインを作って移行...みたいになるはずです。

具体的に移行がどうだったかは、そのうち報告します。

|

« Windows AzureでWebSitesを使ってみる(その4) | トップページ | Exchange Onlineを試してみる(その後) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10193/55707711

この記事へのトラックバック一覧です: Exchange Onlineを試してみる:

« Windows AzureでWebSitesを使ってみる(その4) | トップページ | Exchange Onlineを試してみる(その後) »